setup story

千変万化の環境に対応して
野菜を作るための最高の環境構築をやり遂げる

最適な農業経営を行うにあたって、そもそもの農業を営む環境を用意すること(LEAPではこれを”セットアップ"と呼ぶ)は非常に重要な作業となります。既にLEAPでは、地方をまたぐレベルでの遠隔地エリアの環境セットアップも始まっています。seak株式会社の共同創業者にして農場長で、LEAPを実行する環境のセットアップ責任者である柳沢 弘樹にセットアップにかける思いと中身について聞きました。

自分の職務は「最高の野菜を作るための環境構築」

seak株式会社 共同創業者・農場長 柳沢 弘樹

「改めてLEAPというプラットフォーム及びそれを通じて我々の会社が何をやっているのかというと、”最高の野菜を作ること”であり、お客さまや多くの人に対して最高の野菜を提供することだと思ったんです。その中で自分がLEAPの中で行なっていることは、”最高の野菜を作ることを目指す生産者に対して、あらゆる最高の環境を構築する”と定義出来ると考えています。これがLEAPのセットアップという業務の本質だと理解しています。」

ー セットアップという一つの言葉の中にも多岐に渡る作業が存在している。しかし、特に新しく農業を始める立場である新規就農者はやらなければならない事が多くありすぎて、その全体像や深堀りが十分でないままに農業の経営(営農)が走り出してしまうことがほとんどである。

「野菜を作るためのあらゆる環境を構築する、というセットアップの中身には大きく5つのステップがあります。(1) 農地を借りる、(2) 電気を引き込む、(3) 水源を確保する、(4) 栽培設備(ビニールハウス等)を構築する、(5) 足回りを構築する、です。

ちなみに、足回りというのは、圃場全体の排水構造の設計と実装、潅水環境の配管や作業場の敷設などが該当します。実は足回りの構築というのも非常に重要で、水はけが悪い農地だとすぐに水たまりが出来てしまい、作業効率や汚れの拡散などがすぐに起きてしまいます。だからこそ農地全体のレイアウトを考えた上での排水構造の設計なども”最高の環境を用意する”という目的のためには外せないポイントとなります。」

新規就農におけるセットアップの実態

ー 新規就農には栽培技術の習得や販売先の確保など、実際に営農を開始した以降でも多くの困難な課題が存在している。その中で、営農をスタートする前段階であるセットアップの過程について、新規就農者としてはどのようなポイントが特に困難な課題として存在しているのか。

「先ほどの5つのセットアッププロセスですが、1つ1つのステップも非常に重たい作業なんですよね。にも関わらず、新規就農するにあたっては、就農のタイミングでこの5つの過程を全て同時進行で行わなければならないということが一番大変であると感じています。では、何故そうなるのかというと、”農地を確保する”ということがどうしても新規就農者は最初に行わなければならない作業で、かつ(農地の)選択肢がほとんどないからだと思ったんです。最適なセットアップということを考えれば、農地を確保するというのは本当は一番最後に行わなければならないことです。つまり、電気・水源・設備構築などの適性や実現性を農地に対して評価をした上で、実現可能な営農の形が決まってきて、そこでセットアップをするかどうか、投資をするのかどうか、つまり農地をお借りするのかどうかを決めるというのが正しい順番なはずです。」

ー しかし、自ら就農をした経緯、あるいはLEAPを構築していく流れの中で直面した新規就農の実態は、理想の手順とはかけ離れているという。

「本当は、農地を様々な角度から検証・評価をして、自分が目指す栽培体系をこの農地で実現できるのかを整理してから農地利用の契約を結ぶべきなのですが、実態はそうではないです。数少ない農地候補をとにかく確保してから、後付けでセットアッププロセスを必死で行なっていく。これが新規就農のセットアップにおける大きな矛盾を孕んでいるポイントかなと感じています。」

ー セットアップは農地の確保や契約との依存関係にあり、かつ不可逆であるため、大きなリスクが潜んでいることになる。

「セットアッププロセスの一番の難しさは、仮に農地が確保出来たとしても、その後でどれか一つでも(電気や水源などが)欠けてしまった、実現出来なかったときにその農地は、自分が本来やりたい営農類型としては活用出来ないリソースに変わってしまうということです。ここが新規就農者が1人でやるには限りなく難しいところだなと思います。」

ー このような実態を自ら体験して苦労したが故に、改めてLEAPというプラットフォームにおけるセットアップの価値を提供すべきだと感じているという。

「だからこそLEAPセットアップの価値は、潜む矛盾やリスクを全て解決するということにあると思うんです。それら全てが解決された環境というのが我々が表現する”最高の環境”であると思うので、新しく農業を始める人に最高の環境を用意すること、並びにそれを用意するプロセスを代替して実施していくこと。これが営農を始める前段階として、実はほとんど見えない水面下の作業ではあるのですが、LEAPとして提供できる極めて大きな価値なのかなと思っていますね。」

生産者が科学的な背景を理解しないことのリスク

井戸掘削工事の様子

ー 農業は専ら勘や経験の世界で、なかなか科学的発想や手法が現場作業においては入り込んでいなかった領域である。特にセットアップと科学というのは、それぞれがあまり結びつかないようなトピックに思えるが、実態や困難に直面して考え方が変わってきたそうだ。

「セットアップにおいては、やはり特に水源の重要性は計り知れないですよね。ただ、実態として地方に行けば行くほど、例えば井戸業者さんは限られた数しかいらっしゃらなかったりします。とあるエリアでは1社しかいないということもあります。もしかしたら今後展開するエリアでは誰もいないということもあるかもしれません。そして、水源の確保がその業者さんの経験則に縛られてしまうという大きなリスクが存在しています。そこをLEAPでは科学的なアプローチを導入して地質探査を行って、農地を確保する前に、井戸掘削を行う前に、エリア全体の水源評価を行うということを確実にやります。」

ー それでも、一見ハードルが高いように思える科学的な背景を、生産者が改めて理解する必要があるのか。

「既存の業者さんあるいは農業領域の方々と会話を進めていると、地質探査というキーワードとか発想というのはやっぱり出てこないんですよね。もちろん我々も何度も井戸掘削で痛い目にあってきました。そこで、生産者側が科学的な背景や手段を理解して、そのようなアプローチを提案・実行出来る力が必要になると強く感じました。だからこそ、科学的背景の理解というのをLEAPが代わりに行っていくことで、生産者の負担を軽減出来ることを仕組みとして目指しています。」

ビニールハウスありきではなく、立脚点は「目標の設定」

ー 一般的な栽培類型として安定的な収益や経営を志す場合には、どうしてもビニールハウスの構築をどう最適化するかが主な課題であり関心となりがちである。しかし、LEAPの考え方はそうではないという。

「ビニールハウスを構築するというのは、あくまでセットアップという全体のプロセスのOne of them(一部)でしかないんですよね。少し返答がおかしいかもしれないですが、”フランチャイズモデルにおける最適なビニールハウスとは何か?”と聞かれた時に、”ビニールハウスを建てなくてもOKです”と言える選択肢をLEAPとして持っておけることだと思ったんです。」

ー ビニールハウスを前提としない選択肢もLEAPとしてはあり得るということなのか。

「例えば冷涼・寒冷な場所においては、ハウスではなく露地袋栽培などで、短期集中の営農を実現することがベストである可能性は非常にあると思うわけです。だからこそ、”最適なハウスはどのようなものか?”と聞かれた時に、逆に”営農をスタートする場所はどこなのか?”によって選択肢は変わってくるべきだと考えています。天候の条件や、あるいは販売先の条件などでも変わることがあるかもしれません。それらを鑑みた上で計画策定と提案をしていくことが本質的なのかなと思ったんですよね。」

露地袋栽培

ー それでは、LEAPとして考える新規就農者が最も意識すべきポイントはどのようなところにあるのか。

「やはり、”目標設定”だなと思います。参入するエリアでアクセス出来るリソース(農地の環境や販売先など)を鑑みて、許容可能な初期費用を設定していく。例えば初期費用は1000万円に抑えたいよね、となった時に、業者さんから3000万円の鉄骨ハウスを提案されたら、やっぱりその提案は間違っていると思うんですよね。設定された目標と、現実の仕様や体系とのマッチ度合いというのはLEAPではしっかり意識して新規就農者に提案していきたいですね。」

広すぎる時間軸で考えない

ー 設備に投資をするというのは、特に若年層による新規参入者にとっては意思決定として重たいものになる。実態として新規就農者がいきなり設備投資を行うというのは稀で、露地栽培である程度経営を回した後に、いずれ投資出来ればというスタンスは多い。

「その設備投資を何年で回収していきたいのか?をやはりしっかり考えて設定する必要がありますよね。我々としては、若く志高くして農業に参入する人たちに対して、10年とか15年とかの会計的回収期間は長すぎるのではないかとも思っています。どちらの方が農業をやりやすいのか?どちらの方がそのエリアに合致した投資なのか?というのは客観的に判断する必要があると考えています。その判断材料や判断機能を、LEAPはしっかりと担っていきたいですね。」

ー 今後のLEAPとしての目標設定には、どのようなバリエーションがあり得るのか。

「もちろん、LEAPというプラットフォーム全体の中で、立派な鉄骨ハウスを活用した営農体系というラインナップも出てくるような気はしています。それを否定するつもりは全くないですし、出来る限り多くの選択肢を最終的には持っていられる集団でありたいとも思っていますね。ただ、今は新規就農者で若い方々が農業を始めるという場合には、背負うものは出来る限り少ない方が良いと考えているので、まずは最小投資でのパフォーマンス最大化というのがLEAPとして集中すべきことかなと。」

ー 設備の内容でも、多くの選択肢やバリエーションがあるのか。

「ビニールハウスというだけでも、非常に多様なバリエーションが組めてしまうんですよね。被覆フィルムの厚さだけでも、0.10・0.13・0.15mm厚という感じで適性やパフォーマンスは変わってきます。既存の農業では、どうしても”広すぎる時間軸”で考えてしまうという既成概念があるような気がしているんです。投資する設備の耐用年数に応じて本来は農地の賃貸を契約すべきですが、それが例えば、5年間の利用権設定を希望される地主さんがいらっしゃった場合に、15年耐用の鉄骨ハウスを建設するというのは明らかにおかしいわけですよね。」

ー 栽培管理と密接に絡む中で、設備の内容は何をもって最適と定義されていくのか?

「LEAPとしても走りながら模索しているところではあります。そもそもハウスが必要なのか不要なのかというところもありますし、品目によってのカーテンの遮光率も区別していく必要もあります。そこは半永久的に”最適である”という仕様は改善され続けるものなのかなとは思っています。」

"セットアップ半作"と言えるぐらい環境構築は重要

ー 天候条件や販売条件が整っている環境で、ビニールハウスを用いた類型がベストであるとなった場合、どのようなポイントに留意したハウス構築が行われるのか。

「ひと言で言うと、”ムダがない”ことです。既存の農業領域の商流や業者さんから提案されるハウスの仕様に、ムダがある可能性があるのではないか?という視点を常に持っておくことは重要だなと感じています。だからこそ、ハウスを用いる選択肢を最適化するために、自ら仕様策定から深く関わって、より安価でより高品質なハウスを構築するという作業には時間をかけています。」

ー ムダを排除するというのは、細かいところまで突き詰めればある種キリがない作業になりそうな印象もある。

「そうですね。例えば、肥料濃縮液のタンクを置くステンレスの台が1個数千円するのですが、ムダをなくすということでは、例えばその台をブロックの積み上げで代用すれば1000円くらいで実現出来るのでは?みたいなアイデアが出たりします。でも、当然濃縮液がこぼれたり垂れていくことで台のブロックが溶解されていくリスクがあります。そしてタンク自体は濃縮液が入れば100kgを超えてくるので、そのリスクというのは環境として許容出来ない。だから最低でも台の素材は金属である必要があるし、出来ればステンレスである必要がある。でも、もっと安いステンレスの台はあるかもね、調べてみましょうという細かい議論も内部で延々と重ねている感じですよね。」

ー 今後のLEAPの展開に向けて、ますますセットアップの重要性は高まっていくのか。

「今後のLEAPのフランチャイズ展開ということを考えると、多くのエリアに展開していくということが想定されるわけですよね。そのエリアでの営農を展開するには色々な要素が必要になりますが、まずは販売先がしっかり確保出来そうだとなって、天候データなどから栽培の(理論的な)実現性も見えてきた、となったら、そのエリアにズバッとセットアッパーである我々が入り込んでいって、現場でのリソースの把握と評価をする動きをしていく。その上で実際にセットアップをしていくという流れになります。その仕掛けをして、多くの農業を始める方々をそこで待っておくというのが、やはりベストな流れかなと思います。」

ー 改めて最後に、セットアップ作業における位置づけについてまとめてもらった。

「今後、LEAPのセットアップって非常にエキサイティングな仕事になっていくなと強く思っていますね。農業って”苗半作”という言葉がありますけど(注記:苗半作とは、農業領域における言葉の一つで、植え付けをする苗の品質は栽培の結果に極めて大きな影響をもたらすことから、苗を作ったら半分くらいは作付が終わったも同じだ、という表現をする)、自分は”セットアップ半作”という側面がある気がしているんです。セットアップは、そこで営農をする新規就農者の経営人生そのものの半分くらいに影響を及ぼしうるくらい重要なものだと思うんですよね。投資という観点からの経営・負債への影響や、品質という観点からの栽培品質への影響など、非常に重要で重たい作業であることを改めて理解したいと思います。また、今後このような重要な意味を持つセットアップ作業を、多くの人と一緒に作り上げていきたいですね。」