LEAP LEt's Agriculture Program

農業を始めることを、就農と呼びます。就農のステップは、大きく5つの段階が必要となります。準備・農地・施設/機材・栽培・販売です。しかし、新しく農業を始めようとすると、全ての段階において大きな課題が存在しています。

準備
農家になる為、2年程度(※)の座学あるいは研修が必要になる。
(※ 自治体により異なります)
農地
研修を終えても紹介してもらえるのは耕作放棄地。
施設/機材
資金がないので、十分な設備が手に入らない。融資条件も厳しい。
栽培
せっかく栽培を始めてもうまくいかないので大面積栽培になる。
販売
結果、販路開拓に注力出来ず市場出荷などの薄利多売モデルとなる。

全てのステップの課題を解決し価値を提供出来る仕組みを私たちは「LEAP」と呼んでいます。

私たちは、農業をやるひとのストレスを最小にするため、就農の5つのステップをLEAPを通じて次のような状態にしたいと考えています。

LEAP

準備

すぐに農業をスタート出来る

seakの農業は、事前に習得すべき知識や技術は必要ありません。seakの生産メンバーはすべて農業未経験者から構成されており、未経験者を前提とした生産体制が構築されています。

農地

農地は既に確保されている

我々の活動拠点の近隣の地権者様、及び自治体の行政の方々のサポートを受け、既に多くの農地をseakとして利活用させてもらっています。その為、新しいメンバーは即日で農業をスタートさせることが可能です。現在、神奈川県藤沢市を活動拠点としています。

施設・機材

必要最低限の施設を企画・提供してもらえる

私たちが行うのは、オランダ式のような立派な植物工場型の農業ではありません。必要最低限で、最小の単位からなるビニールハウスによる農業です。その為、農業収支にかかる設備投資費用(減価償却費)は激減しています。また、最小の単位である為に余裕を持って管理出来る面積のみに着手し、結果としてムリのなく、かつ効率的な農業を実現出来ると考えています。

栽培

品質の高い野菜をすぐに作れる

野菜のストレスに主眼を置いた、Probiosisという栽培手法を用いています。植物生理学に基づいた科学的根拠を裏付けとして、設計されています。極めて簡単な手順に落とし込まれているため、農業未経験者でもすぐに再現可能です。栽培のメカニズムは、「ゆる野菜」ページに詳しく記載されています。

販売

良い単価で売れる販路がある

私たちseakは、チームとして「ゆる野菜」というひとつのブランドに統一して、多くのお客様・売り場の皆様に手に取って頂けるよう動いていきます。販売開始が出来た店舗様につきましては、随時blogメニューでお知らせしてまいります。

すべてのステップで一貫した価値をLEAPを通じて農業を始めるひとに提供することによって、農業の未来を具体的に、そしてスピ−ディーに実現していきたいとseakは考えています。